どうも、ハヤトです!

前回はワードプレスの基本設定について解説しました。

ワードプレスの基本設定を分かりやすく解説します!

基本設定がまだという方は是非参考にしてみて下さい。

そして今回はワードプレスのおすすめプラグインの紹介と設定について解説したいと思います。

プラグインという単語を初めて聞いたという人に一言で説明すると””ワードプレスの便利機能”と言ったところでしょうか。

今回、僕が紹介するプラグインは以下の6つになります。

・Classic Editor
・Google XML Sitemaps
・PS Auto Sitemap
・TinyMCE Advanced
・WebSub/PubSubHubbub
・Broken Link Checker

という事で、順番に紹介します。

Classic Editor

このクラシックエディターがどういうプラグインかと言うとワードプレスで記事作成画面は以前ビジュアルエディターとテキストエディタ―の2パターンの使いやすい方で記事を書く事が可能でした。

・テキスト画面

・ビジュアル画面

しかしワードプレス5.0にバージョンアップして更新してみたら以下のように変更されました↓

・グーテンベルクエディター

まだワードプレスを使った事が無いという人には伝わりにくいと思いますが、慣れ親しんだビジュアルエディター及びテキストエディタ―が使えなくなって困惑したブロガーは僕だけじゃなく世界中にいたと思います。

しかしクラシックエディターをインストールする事によって従来のビジュアル/テキストエディタ―が使えるという事で、これは必須のプラグインです!

クラシックエディターの設定はインストールして有効化をクリックするだけでOKなので簡単です!

PS Auto Sitemap

PS Auto Sitemapはその名の通り、ブログのサイトマップを自動で生成してくれるプラグインです。

サイとマップと一言で言ってもHTMLサイトマップとXMLサイトマップの二種類がある。

このPS Auto Sitemapはユーザーが記事を見つけやすくするためのHTMLサイトマップを自動生成してくれます。

難しい説明はこの辺にして設定についての説明に移ります。

PS Auto Sitemapをインストールして有効化したら設定からPS Auto Sitemapのページを開いて下さい。

そして下記の画面の赤枠のショートコードをコピーして下さい。

そして新規固定ページで下記の画像のように本文にショートコードをペーストして公開ボタンを押して下さい。

公開ボタンを押したら画面上のURLの数字を覚えて下さい。

上に貼った画像だと18ですね。

再び設定画面に戻ってもらって「サイトマップに表示する記事」の横に先ほど覚えた数字を入力します。

また下の画面を参考にしてPS Auto Sitemapの設定して下さい。

設定を終えたら「外観⇒メニュー」の順で進めてもらって下の画像のようにサイトマップの横にチェックを入れて「メニューに追加」をクリック!

そしてアナタのブログ画面を確認してちゃんとサイトマップが追加されているか確認して下さい。

ちゃんと追加されていたらOKです!

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsはウェブ向けのXMLサイトマップを生成できるプラグイン。

例えばアナタが記事を更新したら少しでも早く検索エンジンに反映して欲しいと思うでしょう。

XMLサイトマップを生成する事によって、ウェブサイトを巡回しているクローラーにこちらから「記事を書きましたよ~!」と伝える役割を果たしてくれます。

例によってGoogle XML Sitemapsをインストールして有効化したら設定画面に行きます。

 

・優先順位を自動的に計算しない、にチェック

・ホームページ、投稿(個別記事)を含める、カテゴリーページを含める、最終更新時刻を含めるにチェック

。含めないカテゴリーの「未分類」にチェック

以上の項目にチェックを入れられたら「設定を保存」を押して設定は終わりです。

Broken Link Checker

Broken Link Checkerはリンクエラーや存在しない画像があるかブログをチェックし、見つかった場合はダッシュボードもしくはメールで通知してくれるプラグイン。

Broken Link Checkerに関してはインストールして有効化するだけで特に設定をいじらなくて結構です。

メール通知が嫌だ、という方は設定の「メール通知を受け取る」のチェックを外して下さい。

TinyMCE Advanced

このプラグインは説明するよりも「百聞は一見に如かず」ですよ!

before

after

見ての通り、ビジュアルエディターがパワーアップしました!

設定画面では自由にカスタムする事が可能なのでアナタが使いやすいようにカスタムして下さい!

WebSub/PubSubHubbub

突然ですが、このプラグインは何と読むでしょうか?

正解は「ウェブサブ/パブサブハブバブ」です!

早口言葉みたい・・・(;^ω^)

まあ、読み方については覚える必要はありません笑!

この「ウェブサブ/パブサブハブバブ」は検索エンジンにいち早くインデックスさせるためのプラグイン。

そうする事によって記事がパクられて気が付けば自分の書いた記事よりもパクリ記事の方が上位表示されるのを防ぐ役目を果たしてくれます。

このプラグインは設定不要!

インストールして有効化するだけでOKです。

プラグインをインストールし過ぎに注意!

おすすめプラグインの紹介はこれにて終わりにしますが、プラグインで気を付ける事が一点だけあります。

それはインストールし過ぎると、ブログの表示速度が遅くなってしまうと言われています。

具体的にどれぐらいの数のプラグインをインストールすると悪影響を及ぼすのかは残念ながら不明です・・・。

(というか僕自身が無知なだけかも知れない・・・)

ネットで調べてみるとプラグインなんか一つも入れる必要はない、と主張するブロガーの人もいます!(自分には絶対に無理!)

なので今回紹介した6つのプラグインはかなり厳選しており、6つ全てをインストールしてもブログの表示速度が遅くなる事はないので安心して下さい。

しかし、ワードプレスに慣れてくると色んなプラグインを使いたくなる時期というのが来ると思います。

その時に、過剰にインストールしてはいけないという事を忘れないで下さいね!

まあプラグインのインストールや設定に時間を掛けるぐらいなら記事を書く時間に使った方が良いという事を言いたい。

最後まで読んで頂きありがとうございました!