【2019】ブログアフィリがオワコンではない理由と考察

どうも、ハヤトです!

最近になって「ブログはオワコン」と言われるようになってきました。。。

僕の知ってる限りオワコンと言われるようになったきっかけは有名ブロガーのイケダハヤトさんの発言です。

イケダハヤトさん曰くブログは新規参入者が多い為に、今から稼ぐのは難しい。

アフィリエイトで月収3万円以上稼げている人は全体の約5%・・・。

ブログ界のトップの人間が「オワコン」と言われたらこっちとしては「そうなのかなあ、ブログでは稼げないのか」と思ってしまいますよね。

まあイケダハヤトさんに関しては自身が作ったユーチューバーの情報商材を売りたいからポジショントーク時に発言しているんじゃないかなとも思いますが・・・。

だが、ちょっと待って欲しい!

ブログがオワコンでもう稼げないなんてハッキリ嘘と言いたい。

今回のブログがオワコンではない理由について書いていきたいと思います。

ブログがオワコンではない理由

それではブログがまだオワコンではないと思う理由について書いていきます!

インターネット広告の市場規模は伸び続けている

ブログがオワコンと言われる昨今ですが、インターネット広告とアフィリエイトの市場規模は年々増える傾向にあります。


https://www.yano.co.jp

https://www.yano.co.jp

上の図でも分かる通りインターネット広告費は伸び続けています。

インターネット広告費とブログ収入というのは連動しているのでブログはオワコンではない、という事になるのです。

こういう事を言うと「いやいや、ブログではなくYouTubeの動画による広告収入が伸びてるんだ!これからはブロガーではなくユーチューバーを目指すべきだ!」と言う人もいると思います。

確かに動画による広告収入は伸びています。

今や不登校の小学生もユーチューバーとして稼いでる時代です。

しかし安易に「よし!あのイケダハヤトもブログはオワコンで、これからはユーチューバーの時代と言っているのだから俺もユーチューバーで稼ぐぞ」と考えるのは間違いです。

ユーチューバーも稼ぐの難しいですよ。

収益化するのに登録者数1000人、そして視聴者の合計視聴時間4000時間以上という条件をクリアしないといけませんからねえ。

僕からしたらブログよりもユーチューバーとして稼ぐ方が難しいです。

やはりYouTubeという他人が仕切ってるサイトで運営するというのは非常にリスキーとも言えます。

いきなりアカウント削除とかされる可能性だってあります。

去年、政治系人気ユーチューバーKAZUYA氏がチャンネル削除を食らって一時期ですが無収入になった事がありました。

KAZUYA氏は「僕、今ニートなんで笑」と自虐的な笑いを放送内で取っていましたが。

その後すぐにチャンネル復活して事なきを得ました。

まあ、KAZUYA氏やヒカキンやはじめ社長のような超が付くほどの人気ユーチューバーはもはやユーチューバーというより芸能人という感じなので仮にYouTubeが無くなっても他の仕事が入ってくると思うので大丈夫と思います。

しかしほとんどのユーチューバーはアカウント停止やチャンネル削除をくらうと死活問題です。

一方、ブログアフィリで稼いでる人は基本的に独自ドメインを取得してワードプレスを使ってブログ運営を行っています。

つまりYouTubeのような他社が運営している場所ではなく自分自身で土地を買ってそこにお店を立てて商売している状態なわけです。

だからいきなり自分のブログが消えるなんて事はありません!
(無料ブログの場合はあり得ますが)

そしていつの時代も新しいキーワードが生まれます。

・新しいドラマや映画
・新しいアイドルグループや俳優・女優
・新作のゲーム情報・・・etc

もう数えだしたらキリがありませんね。

ネットユーザーは当然ながら新しいキーワードが気になって検索して調べます。

新しいキーワードに関する記事をブログで書いている人も当然ながら少ない訳です。

アナタがもし新しいキーワードに関する情報をブログで誰よりも早く詳しく書いたら大量のアクセスが集まって稼ぐ事ができるでしょう。

少し話が脱線してしまいましたが、本当にブログがオワコンであるならば個人が作ったブログがGoogleやYahoo!で検索して完全に表示されなくなった時になって初めてオワコンと言って良いでしょう。

しかし2019年9月時点では、そんな気配はこれっぽちもありません。

それどころはブログ全体の記事件数は増える一方です。

つまりブログはまだまだオワコンではないです!

Googleのアップデートで収益が激減した人が急増!

これも最近、よく騒がれていますねえ!

去年、Googleのアップデートが行われてお金や健康・美容に関するブログが軒並み上位表示から圏外に飛ばされて収益が激減したと言われました。

ちなみにお金や健康・美容に関するジャンルをYMYLと言います。

YMYL=your money or your life

YMYLの名の通り、アナタの生活やお金と関連が深いジャンルを指すのですが具体的には以下のジャンルの事を言います。

・金融取引
・財務情報
・医療系
・法律
・重要なニュース
・自動車の安全に関する情報
・児童養子縁組

見ての通りですが、どれもこれも専門知識の必要な分野ですよねえ。

これらの専門知識のいる分野に関する情報をずぶの素人が書いた記事をGoogleの検索で上位表示されるようではGoogleの信用を損ねるから、圏外に落としちゃおうって事なんでしょう。

だからブログがオワコンだあと言われてるのですが、それ以外のジャンルを取り扱ってるブロガーからしたら全くとは言えないけど関係ありません。

というか僕自身、3年以上アフィリエイトをしているのですが、Googleのアップデートの話は毎年言われてるような気がします・・・。

その度に「ブログはオワコンだ」と騒がれてるのはアフィリエイト業界ではよくある光景です。

「日本の借金は〇〇兆円以上もある。このままでは10年後には日本は破綻する」というのを20年以上前から言ってるのと似てますね笑

Googleのアップデートにより落ちたブログがあるという事は逆に順位が上がったブログもあるのではないでしょうか?

そういう情報はなかなか出てこないですねえ、まあ本当にうまい話は簡単に見つかられないといった所でしょうか。

確かにGoogleのアップデートにより上位表示できなくなったブログが稼げなくなった例もあるのは事実ですが一部にすぎません。

その一部を拾って「ブログはオワコンだ」と言うのはいかんせん無理があると言えます。

そもそもどんなビジネスでも稼ぐのは難しい!

ブログしかりYouTubeしかりリアルビジネスしかり、どんなビジネスでも稼ぐのは難しいです。

特に初心者が0⇒1に育つまで何度も失敗を繰り返す。

そして僕のような超一流の情報商材コレクターになるのです(笑

今、アフィリエイトで月7桁稼いでるような人も何度も失敗して今に至っています。

あのブログ飯で有名な染谷さんですら月5万円達成するのに5年以上も掛かっています(もっとかかっていたかも)

ブログはオワコンではありませんが、昔に比べて稼ぐのが難しくなったというのは確かだと思います。

アドセンスの審査ひとつ取っても一昔前は無料ブログで適当に記事を書いてれば合格しましたけど今はそうはいきません。

ただ単に何も考えずに記事を書いていれば稼げると思っていたら大間違いです。

以前よりも頭を使わないと稼ぐことはできません。

一方で、ネットを調べれば有料級の情報が無料でいくらでも見られますし、ツールなども充実しています。

だから以前に比べてアフィリエイトを始めやすくなったのではないでしょうか。

まあ僕から言わせてもらえばGoogleのアップデートやSEOとかイケダハヤトの言ってる事とか・・・

そんな事は現時点で全く気にする必要はない!というのが僕の考えです!

この記事を読んでくれてるアナタは大なり小なりブログに興味があってこの記事を読んでるはずです。

ひょっとしたらブログをはじめようか悩んでる最中かも知れません。

でも少しでもブログをはじめてみたい!と思ったのなら絶対に始めるべきです!

それでブログが本当にオワコンになってしまってあなたのブログが消えてしまったとします。

だからと言ってあなたの人生がオワコンになる事はないですからね。

やらない後悔よりもやる後悔、少しでも迷ったら前に出ろ( `ー´)ノ

まとめ

・インターネットの広告の市場規模は伸びている
・イケダハヤトの言葉を鵜呑みにして安易にユーチューバーを目指すのは危険
・Googleのアップデートで収入が落ちたのは一部に過ぎない
・そもそもどんなビジネスも稼ぐのは難しい
・新しいトレンドキーワードが誕生している限りブログはオワコンではない!
・少しでもブログを始めたいと思ったら始めるべき!

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!