Googleアドセンスの審査の申請方法について分かりやすく解説!

どうも、ハヤトです!

今回はアドセンスの審査に申請する方法について解説していきます!

審査に申請するブログはコチラ⇒寝る前に・・・

「寝る前に・・・」はごちゃまぜブログとして作ったのですが、アドセンスの審査に通るにはごちゃまぜよりも特化型の方が合格しやすいらしいという事で、現在は4記事とも野球ネタしか書いていません。

前回の記事で5~10記事書いたら申請に出そうと書いていたのですが、Twitterで他の人が「申請は早く出した方が良い!YMYLに引っかかって落ちるリスクを無くすためだ。自分は3記事で審査に通った」と呟かれている人がいたので、早く申請する事にしたのです!

では、アドセンス審査の申請方法について解説していきますよ~( `ー´)ノ

アドセンス審査の申請方法について

それでは早速、アドセンス審査の申請をしていきましょう!

まずアドセンスのサイトに開いて、左の「サイト」をクリックして下さい。

その後に、赤枠の「サイトを追加」をクリックして下さい。

すると上の画像のようにアナタのサイトURLを書くページに移動するので、URLを書いたら「次へ」をクリックします。

そして下の画像の赤枠内にあるコードをコピーしましょう。

次にワードプレス管理画面を開いてプラグイン「Head, Footer and Post Injections」をインストール&有効化します。

「設定⇒Header and Footer」の順にクリックして設定画面を開いて下さい。

画像の赤枠で囲った所にアドセンスのコードをペーストします。

できたら画面下の「SAVE」を押して完了です!

ちゃんと申請ができるかアドセンスのサイトのページで確認しましょう。

申請に出したサイトURLの横に「承認手続きを進めています」を表示されていればOKです!

ページのソースで確認する方法もある

上の確認方法では不安というアナタには、以下の方法で調べてみると良いでしょう。

自分のサイトの適当な所で右クリックをして「ページのソースを表示」をクリックします↓

するとページのソースが表示されるので、ページソースの70行目辺りにアドセンスのコードを発見できると思います。

無事にアドセンスコードを見つける事が出来ればOKです!

お疲れ様でした(^^)

プラグイン「Head, Footer and Post Injections」を使ってコードを貼った理由

さて今回、ワードプレスのテーマエディターのテーマヘッダーの<head>タグの間にコードを貼り付ける方法ではなく、プラグインのHead, Footer and Post Injectionsを使う方法について解説しました。

何故この方法を推奨したのかというと、テーマヘッダーの<head>タグの間にコードを貼り付けます。

「<head>タグの間にコードを貼りましょう」って言われてもHTML知らない初心者には難しくて挫折してしまう人もいるようです。

Google側もプラグインでのコード貼り付けを推奨してます。

そのためにプラグインでのコード貼り付けを解説しただけです。

なので<head>タグの間に貼る方法でも全然大丈夫という人であれば、プラグインをインストールしなくても良いかと思います。

 

【10/14追記】たった4記事でアドセンス審査に合格!

アドセンス審査の申請して2日後の今日(10/14)

見事に合格しました!(^^)!

昔に比べてアドセンス審査に通りにくくなったんじゃないかと思ってたけど、むしろ通りやすくなったんじゃないか、これw?

・一つのジャンルに特化する
・1記事1500文字以上
・子供が見ても安心安全なブログにする

この辺を気を付けてブログを作れば簡単に受かりそうですね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!